リラックス出来る環境を見つけて、うつ病のない生活を

水彩塗り

悲しい気持ち

うつ病の症状の中で有名なもの

うつ病の症状はとても様々です。精神的なものと肉体的・身体的なものとがあります。その中でも精神的なもののほうがうつ病として有名なのではないかと思います。例えば、気分が落ち込み、脈絡もなく突然悲しい気持ちになってしまったりします。また、人生に希望や目標を持てなくなってしまい、いっそ人生などやめてしまいたいなどと思うようになってしまいます。人生をやめたいと思うだけで済むのならまだ良いのですが、うつ病の精神的症状はまだまだあります。死ぬにしろ外へ出かけるにしろ、何をするにも面倒臭さや億劫さが立ちはだかり、結局うつ病やその症状から逃れることすらもすることが嫌になってしまうのです。 また、身体的な症状も厄介です。その中で一番の厄介者はおそらく安眠を取るのが難しくなるすなわち不眠症状であると考えられます。しかし、うつ病から脱却するために一番良い方法は健やかな眠りを取ることで自然に回復することとの論文があるので、この症状に勝つのがうつ状態から抜ける近道であると考えるのです。

ではどうしたら安眠が取れるのだろうか

うつ状態にある中で安眠を取る方法は、やはりリラックスすることが最大の薬であり方法であると思います。そもそも睡眠自体がリラックスしている状態でもあるのでおかしな気がするかもしれませんが、眠るためにも身体や脳が力を抜き息抜き状態でなければならないのです。そうすることでやっと睡眠のスイッチが入るのです。しかし簡単にそれが出来ないために不眠といううつ病状態に陥っていると思います。なので、ほんの少しの手間で眠れる環境を作りたいと思います。人によってリラックスする方法は様々だとは思いますが、寝ようとする前に手や足のマッサージなどをしてみたり、お風呂で半身浴をしてみたり、またベッドに横になりながら好きな曲を聞いたり、ラジオのように人の声を聞きながらであったりと、いろいろな方法を試してみるといいと思います。面倒臭いと思わない範囲でできる少しの技が、うつ病症状から解放する恵みの雨になるのかもしれません。