リラックス出来る環境を見つけて、うつ病のない生活を

水彩塗り

様々な症状がある

うつ病の症状の種類数

うつ病とは、気分障害の一種のことです。気分や精神活動の低下、食欲低下などが起こる精神疾患のことです。うつ病の症状については、大きく分けて精神症状と身体症状に分けられます。精神症状とは、その名の通り精神に異常をきたすことです。主には、感情、意欲、思考の面で影響が出てきます。イライラしたり、無感情になったりします。身体障害については、代表的なものとして、睡眠障害や疲労感、倦怠感などが発症されます。身体障害の種類については、個人によって異なりさまざまな症状が発生する場合があり、数十種類とも言われています。このように、一般的にうつ病と聞くと精神面での疾患のイメージが強いですが、身体機能にも多くの影響を与えます。

うつ発症の主たる原因

うつ病の発症の原因については、さまざまな原因が考えられます。一般的には、過剰なストレスにより発症するものとされています。このような過剰なストレスが主原因であることは事実ですが、過剰なストレス以外にもうつ病を発症する可能性があります。その原因は幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの働きの低下が原因になっている場合もあります。うつ病の判断は難しいですが、一般的に無気力や、無感情になったりする期間が2週間以上継続することがうつ病であるとの判断材料の一つとなっています。過剰なストレスによる一時的なものはだれしもがもっている感情の一つですので、それが長期間続く場合がうつ状態と判断されます。現在社会では、ストレスなく生活することは非常に難しいため、ストレスを解消する方法を探すことが大事ともいえます。

うつの症状で悩まれる方が増加傾向にあります

 うつ病を発症する方は年々増加しています。うつが起こる原因は解明されてはいませんが、うつ症状を発症しやすい体質、環境によるストレスによって起こると言われています。特に生真面目な性格の方や、社交的に見えて弱い一面もある方等が強いストレスを感じた際に、うつの症状を発症しがちです。近年では、こういった性質の問題だけでなく、社会でのストレスや女性の妊娠出産、子育てのストレス、さらには女性が働く職場での強いストレス、他にも生活においてのストレス等を多く抱える方が増加してきています。そのため、うつ病を発症しやすい環境になっているのです。ストレスを強く感じてしまう現代で生活するとなると、これから先もうつ病を発症する方は、今よりもどんどん増加すると予測されています。しかし、上手にストレスを発散する方法を見つける事で、うつ病を軽減させたり、抑えるたりする事が出来ます。

自分がうつかもしれないと感じた際に気を付けばならない事があります

 うつ病の症状は人それぞれ異なり、精神症状だけでなく、身体症状も起こる可能性があります。その症状が重篤にならない様にするために、出来るだけ早く治療を始める必要があります。何か精神や身体にいつもと違う違和感が現れた場合は、少し落ち着いて考えてみてください。まず、感情や意欲、思考がいつもと違う場合は、いつからどのように変化したのか考えてみてください。しかし、ここで注意しなければならないのが、深く考え過ぎない事です。深く考えすぎると、さらに自分自身の本当の気持ちが分からなくなってしまい、パニックに陥ってしまう可能性があります。身近な方に相談出来るのであれば、気軽に相談し、話をしてみてください。人と話すのが面倒だと感じる場合は、一度軽い気持ちでカウセリングを受け、今の症状について客観的に見てもらって下さい。さらに身体症状のみが出ている場合は、うつ病から身体症状が出ている場合があります。普通の風邪のような症状が続き、原因がわからない場合は一度心療内科でも見てもらっておくとうつ病を発見することが出来るかもしれません。